プロポリスで胃痛が起こる?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

プロポリスで胃痛が起こることもある?胃痛もちには良くないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

プロポリスで胃痛が起こることもある?胃痛もちには良くないの?

 

プロポリスには、抗菌作用や抗酸化作用があり、健康に様々な効果があるといわれています。

 

ですが、摂取すると胃痛を起こしてしまうという人も少なくありません。体に合わないのかな?と心配になりますよね。また、普段から胃腸が弱い人は摂取するのをためらってしまうと思います。

 

プロポリスを摂取して胃痛を起こす人がいることは確かですが、プロポリスは胃にいい働きもあるんです。ちょっと矛盾しているように思えますが、胃に悪いものではないんです。なぜ、プロポリスで胃痛が起こるのか、胃にどういいのか、プロポリスと胃の関係について見ていきましょう。

プロポリスで胃痛が起こる?

プロポリスとは、ミツバチが集めた樹液や花粉、花の蜜を体内の分泌物と合成したものです。ミツバチはこれを巣に塗ることで外敵から身を守っています。

 

プロポリスの主成分はアルテピリンC、p-クマル酸、バッカリンなどの桂皮酸誘導体や、植物由来のポリフェノールであるフラボノイドです。桂皮酸誘導体やフラボノイドには抗菌作用、抗酸化作用があることが様々な研究で分かっています。(参照:http://bee-lab.jp/megumi/propolis/ingredient.html

 

私たちが摂取した場合、風邪、インフルエンザ、生活習慣病の予防など様々な効果が期待できます。特に、ブラジル産のプロポリスに含まれるアルテピリンCの健康効果には注目が集まっています。

 

アルテピリンCの効果について詳しくはこちら:

プロポリスに含まれるアルテピリンCに期待できる効果とは?癌や認知症の予防にもなる?

 

健康効果が高いので長年人気があり、愛用者も多いです。その反面、摂取したら胃が痛くなってしまったという人もいます。なぜ、プロポリスで胃痛が起こるのでしょうか。

2~3日で治まるケースも!

プロポリスで起こる胃痛は、すぐ治まる場合と服用するたびに続く場合があります。2~3日で治まることもありますが、原因は気になりますよね。短期間の胃痛の起こる原因は主に2つ考えられます。

1,好転反応

好転反応とは、体がよい方向に向かっていく際に一時的に起こる症状のことをいいます。元々、東洋医学で使われていた言葉ですので、プロポリスだけでなく、漢方や鍼治療の後などでも起こります。(参照:Wikipedia - 好転反応

 

プロポリスには抗酸化作用があります。活性酸素を除去することで、消化器官などが正常に動くようになり、毒素を外に出そうとします。そのため一時的に胃痛などの症状が出ることがあります。

 

胃痛の他に

などが起こることもあります。

 

あまりに症状がひどい場合は、使用を中止したほうがよいですが、軽症であれば2~3日様子を見てください。徐々に治まっていくようであれば好転反応の可能性が高いです。

 

好転反応の場合は毒素が排出された後は、免疫力などがアップし健康な状態に向かっていくので心配ありません。

2,胃腸に負担がかかっている

元々胃腸が弱い人は、胃腸の負担になって消化不良になってしまっているケースが考えられます。

 

今ままで食べたことのなかったものをいきなり食べると胃がびっくりしてしまうことがあるようです。プロポリスだけでなく、今話題になっているココナッツオイルやチアシードなどのスーパーフードも食べ始めに胃痛が出る場合があるのと同じです。

 

胃痛が弱い人は、

  • はじめは1日の目安摂取量よりも少ない量からはじめる
  • 食後に摂取する

など、胃に負担がかからないように工夫をしてみてください。

胃痛が続く場合は?

プロポリスで胃痛が続く場合

 

数日経っても症状が治まらない、悪化しているという場合は使用を中止しましょう。アレルギーという可能性があります。

 

プロポリスはさまざまな植物の樹液や花粉、花の蜜などが原料になっているため、アレルギーを引き起こしやすいといわれています。

 

特に

  • 花粉症の人
  • アトピーの人
  • 喘息持ちの人
  • 蜂に刺されたことのある人

は、アレルギーを発症する可能性が他の人よりも高いので注意してください。プロポリスを摂取するときは少量から様子を見て続けていくといいでしょう。

 

プロポリスのアレルギーだった場合は、摂取しても悪化するだけですので中止するしかありません。ですが、他のアレルギーの場合、プロポリスで症状が緩和する可能性もあるんです。

 

プロポリスには抗菌作用があり、体の中の細菌や毒素を排出することで免疫力がアップします。免疫機能が正常に働くことでアレルギーが緩和する効果も期待できるんですよ。

 

くわしくはこちら:

プロポリスはアレルギーの改善にも効果があるの?

 

アレルギーがあるかどうかは、アレルギー科や皮膚科などで調べることもできます。アレルギー検査をしてからでしたら安心して摂取できます。かかりつけのお医者さんがいる場合は相談してみると良いのではないでしょうか。

胃に良い効果とは?

プロポリスの健胃効果とは

 

プロポリスを摂取すると、胃が痛くなってしまう人もいますが、胃に悪い成分が入っている訳ではありません。反対に、胃にいい作用があるんですよ。

ストレスからくる胃痛に

プロポリスにはフラボノイドが豊富に含まれています。産地によって変わるためはっきりした数は分かっていませんが、20種類とも500種類ともいわれています。

 

強いストレスを感じると自律神経が乱れ、体にさまざまな影響が出てしまいます。フラボノイドは交感神経に働きかけるという研究結果もあり、自律神経を整える効果も期待できます。さらに、免疫力をアップさせることでもストレスに負けない体を作ることができるんですよ。

 

自律神経と免疫力に効果的なプロポリスは、ストレスからくる胃痛の緩和にも期待が持てますね。

ピロリ菌の除去にも!

胃炎や十二指腸潰瘍、胃がんの原因にもなるといわれているピロリ菌にも、プロポリスには効果があるといわれています。プロポリスの強い抗菌作用は、ピロリ菌の除去にも役立つのです。

 

抗生物質のように副作用の心配もありませんので、ピロリ菌対策で使用してみるのもおすすめです。

 

ピロリ菌への効果についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています:

プロポリスは胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除去にも役立つ?

胃の調子が良くなった!という人も

実際に摂取して調子が良くなったという人がいるのは期待が持てますよね。

まとめ

プロポリスにはストレスからくる胃痛を緩和したり、ピロリ菌を除去したりする効果も期待できるので決して胃腸に悪いものではありません。

 

ですが、胃腸を起こしてしまうケースもあることは確かです。プロポリスを摂取して胃痛が起こってしまう原因は

  • 胃腸に負担がかかってしまう
  • 好転反応
  • アレルギー

が考えられます。

 

胃腸への負担は飲み方によって軽減されます。好転反応の場合は数日で症状が治まります。ですがアレルギーの場合は摂取し続けると悪化してしまうので使用を中止してください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事