プロポリス 糖尿病

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

プロポリスは糖尿病にも役立つ?インスリン抵抗性を予防する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

プロポリスは糖尿病にも役立つ?インスリン抵抗性を予防する?

 

糖尿病は放っておくと重大な合併症も引き起こしてしまう怖い病気です。血糖値が気になり始めたら糖尿病を発症してしまう前にしっかり予防しましょう。

 

糖尿病の予防には生活習慣の見直しが大切ですが、プロポリスにも効果があるといわれています。

 

糖尿病の原因やプロポリスとの関係について見ていきましょう。

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中ブドウ糖の濃度が濃くなり、血糖値が慢性的に上がってしまう病気です。

 

ブドウ糖は私たちの体を動かすための大事なエネルギー源です。食事で摂取した糖質は胃や腸で分解されブドウ糖になります。ブドウ糖は血液に乗って全身に運ばれます。ですから、食事をすると血糖値が高くなります。

 

健康な人の場合、血糖値が高くなりすぎるとインスリンというホルモンを分泌し、血糖値の上昇を抑えます。ですから極端に上昇するということはありません。ですが、糖尿病になるとインスリンが分泌されなくなったり、効きが悪くなったりするため血糖値が急上昇してしまうのです。

 

高血糖の状態が続いてしまうと血管や神経に影響が出てきて、さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿病の原因

糖尿病の原因は種類によって異なります。

1,1型糖尿病

体内のインスリン量が少なくなることで起こります。

1型糖尿病は子どもや若年層に多いです。発症する原因は自己免疫が主な原因ではないかと考えられています。

2,2型糖尿病

日本の糖尿病患者の95%を占めるのが「2型糖尿病」です。

食生活の乱れ、運動不足、ストレスなどが続くことでインスリンの分泌量が減ったり、効きが悪くなったりして慢性的に高血糖になります。生活習慣が大きく関係しているので、中高年に起こりやすい病気です。

3,妊娠糖尿病

妊娠して胎児が成長することによって起こる糖尿病です。

妊娠中は胎児に栄養をたくさん送るため、胎盤でインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されます。それによって妊娠中期以降にインスリンの効きが悪くなり、血糖値が上がりやすくなる状態が妊娠糖尿病です。

出産後は元に戻ることが多いのも特徴です。

 

参照元:ヘルスケア大学

糖尿病は完治しない!?

糖尿病は一度発症すると完治はしない

 

糖尿病は一生付き合っていかなくてはいけない病気だといわれています。(妊娠糖尿病を除く)糖尿病になってしまったら大切なのは血糖値のコントロールをすることです。食事療法や運動療法、薬物療法を取り入れながら血糖値をコントロールします。

 

血糖値が安定すれば、薬をやめることができるケースもありますが、食事療法や運動療法は一生続くと考えたほうがよいでしょう。

合併症を予防しよう

完治しないのなら治療は意味がない、と思うかもしれませんがそうではありません。糖尿病は放っておくとどんどん進行し、合併症を引き起こします。糖尿病の治療の一番の目的は合併症を予防することです。

 

糖尿病の合併症には

    • 網膜症
    • 腎症
    • 神経障害
    • 脳卒中
    • 心筋梗塞
    • 末梢動脈性疾患


などがあり、命を脅かす病気にもつながるのです!

 

糖尿病や糖尿病予備軍と診断されたら、それ以上悪化させないように早めに治療を始めましょう。

 

治療のポイントは下記を参考にしてみてください。

食事療法はこちら:http://www.kyowa-kirin.co.jp/diabetes/meal/

運動療法はこちら:http://www.kyowa-kirin.co.jp/diabetes/exercise/

プロポリスで糖尿病予防

糖尿病になってしまったら合併症を予防する治療を続けなくてはいけませんので、なるべくなら発症させないことが一番です。

 

血糖値が気になり始めたり、糖尿病予備軍と診断されたりしたら、しっかり予防をしていきましょう。食生活の改善や、運動不足の解消ももちろん必要ですが、プロポリスも糖尿病予防に役立つといわれています。

インスリン抵抗性を改善する研究結果

山田養蜂場の研究によると、ブラジル産のプロポリスにインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を改善する効果があることが分かりました。

 

フルクトース飲料水とプロポリスを8週間与えることで、インスリン抵抗性指数の上昇が正常なモデルと同等に抑えられたという試験結果があります。

 

この実験では糖尿病になってからではなく、健康な時から予防的に引用することによってインスリン抵抗性を抑えられるのではないかという結果になっています。すでに発症してしまってからの効果は分かっていません。

肥満解消にも効果的

プロポリスには肥満解消効果も

 

糖尿病の予防には肥満の改善も欠かせません。プロポリスには体脂肪の蓄積を抑制する効果があるという研究結果もあります。

 

ラードを20%含む、高脂肪食とブラジル産プロポリスを多く与えると、プロポリスを摂取していないラットに比べて組織の脂肪量や肝臓に含まれるし脂質の減少がみられました。

 

またブラジル産プロポリスを多く摂取しているとコレステロールの元になる「HMG-CoA還元酵素」というたんぱく質が減少することも分かりました。別の実験では中性脂肪の吸収率が減少することも確認されています。

 

つまりプロポリスには

 

コレステロールの合成を抑え、脂肪の吸収を阻害

 

そして

 

体内の脂肪を減少させる

 

効果があるのではないかと考えられています。

 

参照元:みつばち健康科学研究所

 

インスリン抵抗性の改善と肥満解消の両方に役立つというのは嬉しいですね。もちろんプロポリスを飲んでいれば絶対に糖尿病にならないということではありませんが、糖尿病予防の1つとして摂取してみることをおすすめします。

まとめ

糖尿病は一度発症してしまうと一生付き合っていかなくてはいけない病気です。ですから血糖値が上がり始めたり、糖尿病予備軍と診断されたりしたらすぐに生活習慣を見直して、糖尿病を発生させないことが大切です。

 

糖尿病の予防には生活習慣の改善が大切ですが、プロポリスも効果的だといわれています。インスリン抵抗性の改善や肥満の改善効果があるといわれているので、糖尿病予防の一環として始めてみることをおすすめします。

 

プロポリスには液体のものやサプリメントがありますが、毎日摂取しやすいのはサプリメントです。プロポリスは蜂由来の健康食品ですが、ハチミツのようにおいしいものではなく、刺激が強く飲みにくいのです。

 

サプリメントなら味を気にすることなく摂取できるので飲みやすいと思いますよ。また、糖尿病予防のために摂取するのなら実験で使用されているのと同じブラジル産のものが一番効果が期待できるのでおすすめです。

 

ブラジル産おすすめプロポリスサプリ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事