インフルエンザの予防接種は赤ちゃんや妊婦も接種できる?子供は何歳から?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんや妊婦も接種できる?子供は何歳から?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんや妊婦も接種できる?子供は何歳から?

 

インフルエンザの流行時期が近づくと、予防接種をするかどうか考えますよね。子供や赤ちゃんや妊婦さんは免疫力が低いのでインフルエンザに感染しやすいです。ですが、接種して体に影響がないのか、お腹の赤ちゃんに影響はないのかなど心配になりますよね。

 

そこでこのページでは妊婦さんや子供はインフルエンザ予防接種を受けるべきなのかどうかについて見ていきます。

妊婦は予防接種を受けるべき?

妊娠中は薬の摂取や食べ物などに気を付けなくてはいけませんが、インフルエンザの予防接種は大丈夫なのでしょうか?

お腹の赤ちゃんへの影響は?

予防接種で赤ちゃんに影響はない?

 

妊娠中の予防接種で心配なのは、お腹の赤ちゃんへの影響ですよね。

 

現在日本で使用されているインフルエンザワクチンは、生ではなく不活性ワクチンというものです。これまでの海外の研究でも妊婦にもお腹の赤ちゃんにも異常がないという結果が出ています。日本の研究でも、インフルエンザワクチンの接種によって奇形や流産、早産のリスクは上がらないと報告されています。ですから、妊娠中のどの時期でも摂取は可能ですよ。

 

インフルエンザワクチンにはエチル水銀という防腐剤が含まれているものがあります。エチル水銀も胎児への影響はないといわれていますが、念のためという意味で、エチル水銀が入っていないワクチンを優先的に接種してもらうことができます。

 

妊娠中にインフルエンザ予防接種をすると、胎盤を通して赤ちゃんに免疫が受け継がれます。これが生後6カ月くらいまで有効なんです。ですから妊娠中にインフルエンザワクチンを接種しておくと、生後のインフルエンザの発症リスクを減少させるとも言われています。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは予防接種をすることが出来ないので、妊娠中に先に受けておくというのも1つの手なんですよ。

受けない方が危険?

妊娠中は免疫力が下がっているので、感染症に弱い状況です。ですから妊娠前後に比べてインフルエンザにも感染しやすくなっています。免疫力が下がっているので重症化しやすいともいわれています。ですから、予防接種を受けないほうが危険だという意見もあるんですよ。

 

予防接種を受けずにインフルエンザに感染してしまった場合、薬を飲めるのかどうかというのも心配かもしれません。インフルエンザの治療に使われる「タミフル」や「リエンザ」は胎児に重大な影響を及ぼす可能性はないと考えられています。ですから発症してもタミフルやリエンザを使えないということはありません。ただしタミフルやリエンザは使用できても、症状を抑える薬は使用できないこともあります。

 

参照元:国立成育医療研究センター

子供は何歳から受けられる?

子供は何歳から予防接種を受けられるか

 

小さな子供も免疫力が低いですが、予防接種はいつから可能なのでしょうか。

いつから接種可能?

先ほどお話しした通り、生後6カ月間はお母さんの免疫力が引き継がれます。6か月以降は切れてしまう生後6カ月からインフルエンザの予防接種は受けられます。

 

ただし、実際には1歳未満の乳児へのワクチンの効果は証明されていないんです。また、3歳未満の子供は効果が低いともいわれています。ですから3歳以上になってからの接種をおすすめします。

 

子供が小さい場合本人が接種するよりも、父母など周りの家族が摂取することで赤ちゃんへの感染を防ぐという方がおすすめです。

副作用は大丈夫?

子供に限ったことではありませんが、予防接種によって副作用が起こるケースもあります。摂取した場所の赤み、腫れ、痛みや、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感などが起こる人もいます。症状は軽く2~3日で治ることがほとんどです。長引くようならお医者さんに相談してください。

 

また、まれにアレルギーでショック症状が起こることがあります。接種後30分は安静にして様子を見ましょう。インフルエンザワクチンにはごく少量の卵が使われているため、強い卵アレルギーがある人は接種を控えたほうがよいでしょう。

赤ちゃんでも受けたほうがいいケースは?

あまり小さな子供がインフルエンザワクチンを接種するのはおすすめしませんが、受けておいたほうがいいケースもあります。

 

  • 保育園などで赤ちゃん自身が人と接する機会が多い
  • 心臓や肺などに持病を持っている
  • 高齢者と同居している
  • 家族に障害や病気を持っている人がいる
  • 家族に医療機関で働いている人がいる

 

など。

 

インフルエンザワクチンはインフルエンザを予防するだけでなく、重症化を防ぐという効果もあります。小さな子供は感染すると重症化する恐れがあります。インフルエンザにかかりやすい環境の場合は接種しておくとよいでしょう。

 

参照元:すぎた子どもクリニック

子供は2回摂取が必要!

インフルエンザの予防接種は成人の場合1シーズン1回ですが、免疫力の低い子供は2回摂取が必要です。10月頃1度目を摂取し、2~4週間開けて2度目を摂取します。できれば4週間開けるのがおすすめです。

 

生後6カ月から12歳以下は2回摂取が必要になります。13歳以上は通常1回ですが2回摂取することも可能です。

 

ただし、これはあくまで日本の基準です。WHOやアメリカでは生後6カ月から8歳以下は2回接種。前年に2回接種している場合は1回というのをすすめています。あまり何回も打ちたくないという人は、お医者さんに相談してみてください。

 

インフルエンザワクチンは、感染や重症化を防いでくれますが、絶対ではありません。ワクチンを接種したからOKというのではなく、日頃から手洗いうがいなどの予防対策も行っていってください。

 

参照元:KNOW-VPD!

まとめ

インフルエンザワクチンは妊婦さんが予防接種しても問題ありません。接種しておくと生まれてきた赤ちゃんを6カ月間守る効果もあります。

 

お母さんからの抗体が切れる生後6カ月からインフルエンザの予防接種をすることが出来ます。ただし、1歳未満には効果が証明されていません。また3歳未満も効果が低いです。子供自身が予防接種をするだけではなく、周りの大人が予防接種をしたり、手洗いうがいなどをしっかり行ったりすることでもインフルエンザから守っていきましょう。

 

(補足)

 

インフルエンザの予防には健康食品のプロポリスも効果的だといわれています。薬ではないので妊娠中でも摂取できますし、お子様用タイプもあります。

 

抗菌殺菌作用があり、インフルエンザだけでなく風邪などの予防にもなりますよ。予防接種と併用することももちろんできるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

インフルエンザとプロポリスの関係について詳しくはこちら:

プロポリスでインフルエンザから身を守ろう!感染しない秘訣とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事