インフルエンザの潜伏期間はどの位?症状が出ていなくてもうつる?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

インフルエンザの潜伏期間はどの位?症状が出ていなくてもうつる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

インフルエンザの潜伏期間はどの位?症状が出ていなくてもうつる?

 

インフルエンザウイルスは、体内に入ってから症状が出るまでの潜伏期間があります。潜伏期間の内に分かっていれば対処もしやすいですよね。

 

潜伏期間にはどんな症状が出るのでしょうか?また、症状が出ていなくても人にうつることはあるのでしょうか。

インフルエンザの潜伏期間

潜伏期間というのは、感染してから症状が現れるまでの期間のことです。インフルエンザは感染症の中でも潜伏期間が短いことで知られています。最短16時間から最長で5日といわれています。かなり幅がありますが2~3日というケースが最も多いです。

 

インフルエンザは感染すると急速に増えていくので早期に発症してしまうのです。

インフルエンザウイルスに感染すると

8時間後:100個

16時間後:10,000個

24時間後:1,000,000個

というスピードで増えていきます。体内に100万個ウイルスがあってもまだ症状は出ません。症状が出るのは数千万個になってからだといわれています。怖いですよね。ですから、流行すると一気に広まってしまうんです。

 

参照元:浜松医療センター

潜伏期間中の症状は?

インフルエンザの潜伏期間中の症状

 

潜伏期間というのは、感染してから症状が出るまでの期間のことを言いますので、基本的に症状はありません。ですから、自分がインフルエンザに感染しているかも?という自覚もないんです。

 

熱が出る前にくしゃみ、鼻水、喉の違和感などが起こり、その後急な発熱があります。インフルエンザの流行時期にくしゃみ、鼻水、喉の違和感などが起こったら感染している恐れがあります。

 

インフルエンザかも?と思ったら早めに検査をしたいと思いますが、検査のタイミングが早すぎると正しい結果が出ないこともあります。

 

インフルエンザ検査のタイミングについて詳しくはこちら:

インフルエンザの検査にかかる時間は?タイミングも重要!

潜伏期間中でもうつる?

インフルエンザは潜伏期間中でもうつるのか

 

まだ症状が出ていない場合でも、インフルエンザは感染してしまうのでしょうか?

インフルエンザはどうやってうつる?

インフルエンザに感染した人がくしゃみや咳などをしてとんだつばを吸い込んだり、つばなどがついたものを触った手で自分の鼻や口などを触ってしまったりするとインフルエンザに感染します。電車のつり革、ドアノブ、スイッチなどみんなが触る場所は要注意です。

潜伏期間中の感染力

まだ症状が出ていない潜伏期間中でも、感染してしまう恐れがあります。

 

潜伏期間中の感染力は発症後ほど高い訳ではありません。感染力は発熱してから3日後にピークを迎えます。この頃に体内のインフルエンザウイルスの数が最大になるからです。

 

その後は体内にインフルエンザウイルスに対する抗体ができるので、増えたときと同じくらいのスピードで減っていきます。だいたい感染して5~6日後になると体内のインフルエンザウイルスはほとんどなくなります。逆にいうと、ここまでは感染する可能性があります。ですから、熱が出てから5日、かつ解熱後2日を経過するまでは感染の可能性があるので外出は控えるようにしましょう。(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/pandemic/topics/201204/524332.html)

 

感染力が高まるのは発熱後ですが、潜伏期間中は自覚症状がないので注意せずに接してしまうことが多いです。特に、家族など密に接触している場合は潜伏期間中でも感染しやすいです。私は今までインフルエンザに感染したことがなかったのですが、夫が発症した時は潜伏期間中に感染してしまいました。感染を防ぐには、日頃から手洗いうがいなど注意をしていかなくてはいけません。

 

参照元:ヘルスケア大学

インフルエンザウイルスを吸い込む=感染ではない

家族の一人がインフルエンザになるとほかの家族にも感染してしまうことが多いです。ですが、全員がかからないケースもありますよね。同じ状況下にいてもインフルエンザを発症する人と発症しない人がいます。

 

同じ状況にいたので発症していない人もおそらくインフルエンザウイルスを吸い込んでいるでしょう。それでも発症しないというのは免疫力が高いということが考えられます。

免疫力とは?

免疫力とは、細菌やウイルスなどと闘う力のことです。免疫力が低いと細菌やウイルスに負けてインフルエンザや風邪などを発症してしまいます。免疫力が高いと、細菌やウイルスに勝つことが出来るので、同じ状況下でも感染しないのです。

 

免疫力は

  • 睡眠
  • ストレス
  • 食事
  • 疲労
  • 生活リズム

などによって変わってきます。風邪などをひきやすい人は免疫力が低い可能性があるので生活習慣を見直すようにしてみてください。

 

詳しくはこちら:

風邪をひきやすい原因は?対策はサプリでもできる?

免疫力をアップさせるには?

免疫力をアップさせるには

  • 体を温める
  • バランスの良い栄養を摂る
  • 適度に運動する
  • しっかり睡眠をとる

などが大切です。できることから始めてみましょう。

 

また、健康食品のプロポリスも免疫力をアップさせるのに効果的だといわれています。抗菌、殺菌作用があるのでインフルエンザや風邪の予防にもなります。生活習慣の改善の1つとして取り入れてみるのもおすすめです。

 

詳しくはこちら:

プロポリスでインフルエンザから身を守ろう!感染しない秘訣とは?

まとめ

インフルエンザの潜伏期間は、感染症の中では短く、最短で16時間最大で5日間だといわれています。潜伏期間中は基本的に症状がありません。咳や鼻水が出始めたら一気に発熱します。

 

発熱してからは体内のインフルエンザウイルスの量がピークに達し、感染力も高まります。ですが潜伏期間中も他人にうつる可能性はあります。本人も自覚症状がないため、周りの人も普通に接触してしまうことで気が付いたら感染しているということが多いのです。

 

ですが、インフルエンザウイルスを吸い込んだからといって必ずしも発症する訳ではありません。免疫力が高い人はインフルエンザに負けない力を持っているため、同じ状況下でも感染しないことがあります。

 

免疫力を上げるためには、睡眠、食事、生活リズム、ストレスなどを改善していく必要があります。免疫力が上がればインフルエンザだけでなく、風邪などほかの感染症にもかかりにくくなりますよ。

 

健康食品のプロポリスには免疫力をアップさせる効果があり、インフルエンザ予防にも役立つのでおすすめです。

 

詳しくはこちら:

プロポリスでインフルエンザから身を守ろう!感染しない秘訣とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事