インフルエンザの発症時期はいつからいつまで?8月、9月、10月でも感染する?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

インフルエンザの発症時期はいつからいつまで?8月、9月、10月でも感染する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 7分

インフルエンザの発症時期はいつからいつまで?8月、9月、10月でも感染する?

 

毎年流行するインフルエンザ。症状もひどく学校や会社を休まなくてはいけないのでできることなら感染したくないですよね。

 

インフルエンザに注意しなくてはいけないのはいつからいつまでなのでしょうか。8月、9月、10月でも感染することはあるのでしょうか?

インフルエンザのピークは?

インフルエンザの流行時期は毎年きちんと発表されています。インフルエンザの流行は感染症法に基づいた規定があるんです。全国5,000カ所のインフルエンザ定点医療機関が週ごとにインフルエンザと診断した人の年齢と性別の集計を地方自治体に報告しています。保健所ごとに、定点当たりの報告数が1.00を超えると流行開始となります。その他、都道府県から警報が発令されることもあります。

 

インフルエンザの流行は、だいたい12月から3月頃がピークです。2017年の東京は11月20日の週からインフルエンザの流行開始が発表されました。インフルエンザは流行すると一気に拡大します。流行時期が発表されたらより一層注意するようにしましょう。

 

参照元:都内でインフルエンザの流行開始

国立感染症研究所

インフルエンザに感染するのはいつからいつまで?

インフルエンザに感染するのはいつからいつまで?

 

インフルエンザの流行は12月から3月にかけてですが、それ以外の時期では発症しないということではありません。

8月、9月、10月でも感染する?

流行するシーズンの型に合わせて毎年第36週(8月末から9月初旬)から翌年の第35週までをインフルエンザシーズンとしています。つまり、1年中感染する可能性があるということです。

 

8月、9月の場合は昨年のシーズンの型という可能性もあります。ですから1度夏に感染して、また数カ月後にまた別の型に感染する人もいます。学生時代に毎年インフルエンザに感染するクラスメイトがいたのですが、1年に2回感染しているときもありました。感染しやすい人は特に1年中注意が必要ですね。

いつまで注意が必要?

流行シーズンは早ければ2月、遅くても3月には終わります。ですが先ほどもお話しした通り、1年中インフルエンザに感染する可能性はあります。もちろん、4月5月も感染する可能性はあります。

 

また、季節性のインフルエンザの他、新型インフルエンザなども心配です。ピークの時期だけでなく1年中対策をしておくようにしましょう。

感染を防ぐには

インフルエンザの感染をふせぐには

 

では、インフルエンザの感染を防ぐにはどのようなことをしていけばいいのでしょうか。

予防接種をする

まず受けておきたいのは予防接種ですね。特に人と接する機会の多い人は感染が心配なので予防接種をしておきましょう。予防接種はインフルエンザの感染を防ぐだけでなく、感染してしまった場合も重症化を防いでくれます。

 

ただし、予防接種の開始は10月頃からというところが多いです。また、効果の持続期間は人によって個人差があり、だいたい接種後2週間から5カ月だといわれています。10月に摂取すると3月頃には効果がなくなってしまいます。インフルエンザの予防接種はピーク時の対策にはいいですが、季節外れのインフルエンザの対策には利用しにくいです。

 

インフルエンザ予防接種の時期について詳しくはこちら:

インフルエンザの予防接種はいつから受けられる?料金や効果は?

ウイルスを体内に入れない

インフルエンザはウイルスを目や口などから体内に入れてしまうことで感染します。ですから体内にウイルスを入れないことが重要です。

 

当たり前のことですが、

  • 手洗い
  • うがい
  • マスクの着用

などが重要になってきます。手洗い、うがいなどは季節を問わず実践していくようにしましょう。

ウイルスに負けない体を作る

インフルエンザウイルスが体内に入ったとしても、必ずしも感染する訳ではありません。例えば、家族の1人がインフルエンザになったとしても全員が感染するわけではないですよね。インフルエンザウイルスを吸い込んでも感染する人と感染しない人がいるんです。

 

その差は「免疫力」だといわれています。免疫力は細菌やウイルスと闘う力のことです。免疫力が高い人はインフルエンザウイルスを吸い込んでも感染しにくいです。また、インフルエンザだけでなく風邪などの感染症にもかかりにくいです。逆に弱い人は毎年インフルエンザに感染したり、年に何度も風邪をひいたりします。先ほど話したクラスメイトも免疫力が低かったんだな、と思います。

 

免疫力は生活習慣によって変わってくるといわれています。

  • 十分な睡眠
  • バランスのよい食事
  • ストレスや疲労をため込まない

などに気を付けると免疫力はアップします。免疫力をアップさせれば他の病気にもかかりにくくなります。生活習慣を改善したからと言ってすぐに効果が出るものではないですができることから実践していきましょう。

プロポリスもおすすめ!

免疫力をアップさせるには、健康食品のプロポリスも効果的だといわれています。プロポロスには抗菌作用、殺菌作用があり、定期的に接種しているとインフルエンザに感染しにくいともいわれています。

 

予防接種などと違い一年中できる対策方法ですのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか。ただし、プロポリスだけ摂取していればOKという訳ではありません。他の対策方法と組み合わせてくださいね。

 

プロポリスのインフルエンザの効果について詳しくはこちら:

プロポリスでインフルエンザから身を守ろう!感染しない秘訣とは?

まとめ

 

インフルエンザの流行時期にはきちんとした指標があり、それに基づいて発表されます。だいたい12月から2月、3月までが流行時期です。

 

ですが流行時期以外でもインフルエンザに感染する可能性はあります。インフルエンザウイルスは1年中存在するんです。ですから、1年中対策が必要です。

 

インフルエンザに感染しないためには

  • 予防接種をする
  • ウイルスを体内に入れない
  • ウイルスに負けない体を作る

という方法で対策していってください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事