抗がん剤を辞める理由は?余命がわずかということ?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

抗がん剤を辞める理由は?余命がわずかということ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 7分

抗がん剤を辞める理由は?余命がわずかということ?

 

抗がん剤治療をやめる、というともう余命僅かなのでは、と心配されるかもしれません。ですが必ずしも他に治療方法がないという訳ではありません。

 

抗がん剤をやめるのにはどんな理由があるのでしょうか?

「やめる=余命僅か」ということ?

抗がん剤というのは、癌細胞だけを小さくするもの、と考えている人も多いかもしれませんが、実際にはそうではありません。癌細胞以外の細胞にも影響を与えます。ですから、吐き気や脱毛などの副作用が起こります。この副作用が辛いという人も多いですよね。

 

副作用について詳しくはこちら:

抗がん剤の副作用はいつからいつまで?軽くすることはできる?

 

強い副作用が起こると体に負担がかかります。体力がなくなると副作用に耐えられなくなってしまいます。そのため、抗がん剤治療を中止することもあります。

 

抗がん剤治療をやめる、できないからといって必ずしも他に手立てがないという訳ではありません。抗がん剤治療をやめて他の治療に切り替えるという人もたくさんいます。

 

詳しくはこちら:

抗がん剤が効果ないと判定されたら、その後の治療はどうなる?

 

ある男性は余命1年と宣告されていて抗がん剤治療をしていたのですが途中で中止しました。抗がん剤治療を中止したことで吐き気や倦怠感などがなくなり、よく眠れるようになったそうです。

 

抗がん剤には癌を小さくして延命するという目的があります。ですが、抗がん剤の副作用による体の負担が大きいと逆に命を縮めることにもなりかねません。この男性は治療をやめて完治したという訳ではないのですが、調子は良くなっています。他にも「抗がん剤をやめてよかった」と言っている人はたくさんいます。

 

抗がん剤の副作用で体がボロボロになってしまうよりも穏やかな毎日が過ごせるようになる人が多いようです。

 

参照元:NEWSポストセブン

抗がん剤をやめる理由

抗がん剤をやめる理由

 

医師の診断で抗がん剤の投与をやめなくてはいけなくなった、という人ももちろんいますが、中には自分の意思でやめる人もいます。自らやめる理由にはどんなものがあるのでしょうか。

抗がん剤は効果がないという考え

じつは、アメリカや欧米諸国では抗がん剤を使用しない傾向にあります。アメリカの国立がん研究所では「抗がん剤は増がん剤である」という報告もあります。また、抗がん剤を3種類使うと、癌は小さくなるけれど寿命は短くなるという報告もあるそうです。怖いですよね。

 

抗がん剤は副作用も大きく、「毒薬」のカテゴリーに属するといいます。日本では今でも抗がん剤治療が主ですが、アメリカなどの考えを受け「抗がん剤は使用しない」と判断する人も増えています。日本でも抗がん剤はよくない、という内容の書籍がたくさん出ていますので興味がある方は読んでみてください。

 

Amazonなどで「抗がん剤」と検索するとたくさんの書籍がありますよ。

 

https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

参照元:株式会社がんメディカルサービス

抗がん剤をやめた後にできることは?

抗がん剤治療をやめてしまうと、他に治療方法はないのかというとそうではありません。病院での治療では放射線治療やホルモン療法などがあります。

(詳しくはこちら:抗がん剤が効果ないと判定されたら、その後の治療はどうなる?)

 

癌は免疫力をアップさせると改善するといわれています。免疫療法とも呼ばれています。実際にステージ4で手術が不可だったけれど完治したという人も中にはいます。

(詳しくはこちら:癌はステージ4でも治る可能性はある?実際に克服した人は?)

免疫力をアップさせるためには?

免疫力をアップさせるためには、生活習慣の改善が重要です。

 

  • ストレスをため込まない
  • しっかり睡眠をとる
  • 栄養バランスのいい食事を摂る
  • 適度な運動をする

 

などを行うと、免疫力がアップするといわれています。

 

抗がん剤をやめることでストレスがなくなったり、ぐっすり眠れるようになったりする人もいます。ですからやめたほうが長生きするということにつながるのかもしれませんね。

プロポリスを試してみる

生活習慣の改善をすると免疫力はアップします。ですが、すでに体力が少なくなっている人は運動も難しいですし、食事量も減ってしまっていると思います。生活習慣の改善といってもなかなか難しいですよね。

 

そんな方はプロポリスを試してみてはいかがでしょうか。サプリメントがあるので簡単に摂取することが出来ます。

 

プロポリスには桂皮誘導体やフラボノイドといった成分が含まれています。抗菌殺菌作用があり、免疫力の向上にも役立つといわれているんです。プロポロスで体力が回復してきたら徐々に他のことも取り入れていくといいですね。

 

癌治療や予防に取り入れている人も多いので、気になる方は下記記事を呼んでみて下さい。

 

詳しくはこちら:

プロポリスは癌治療にも有効?抗癌剤の副作用も緩和する?

まとめ

抗がん剤治療を続けていても効果が出なかったり、副作用が強く体へのダメージが大きかったりすると治療を中止する場合があります。「抗がん剤をやめる=余命僅か」というイメージがあるかもしれませんが必ずしもそうとは限りません。

 

抗がん剤をやめても放射線治療、ホルモン療法、免疫療法など治療する方法はあります。

 

実際に抗がん剤治療をやめてからの方が元気に過ごせているという人も多いです。抗がん剤は癌細胞を小さくしてくれるものですが、必ずしも延命につながるとはいいきれないかもしれません。

 

抗がん剤治療をしていても効果が出ないのなら、他の方法を考えてみてもよいのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事