癌が遺伝する確率は?検査費用はどの位?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

癌が遺伝する確率は?検査費用はどの位?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

癌が遺伝する確率は?検査費用はどの位?

 

家族や親戚に癌にかかった人が多いと「癌家系」と呼ばれることがありますよね。また、病院の問診票でも家族の癌経験を問われることがあるので、癌は遺伝すると考えている人が多いかもしれません。

 

実際に癌はどの位の確率で遺伝するのでしょうか?また、遺伝子検査の方法や費用についても見ていきます。

癌は遺伝する?

家族や親戚で癌になった人が多いと、自分も癌になるのでは?と心配になるかもしれません。癌は遺伝するのでしょうか?

癌が遺伝する確率は?

日本人の2人に1人は生涯の間に癌になるといわれています。ですから、自分の家族や親戚に癌経験者がいるというのは珍しいことではありません。癌は遺伝子の傷によって起こりますが、基本的には親から子へ遺伝するものではありません。

 

ある家系で特定の癌がよく発生する場合、その癌を「家族性腫瘍」と呼びます。家族性腫瘍は癌全体の5%~10%存在するといわれています。

 

ですが、家族性腫瘍のすべてが遺伝によるものではありません。家族性腫瘍の中でも、原因となる遺伝子が明らかになっていて、その遺伝子が病的変化することによって癌を発症しやすい体質になる事を「遺伝性腫瘍症候群」といいます。

 

癌全体の中で遺伝性腫瘍症候群の確率は5%以下です。ただし遺伝性腫瘍症候群だった場合、子供に遺伝する可能性は50%です。

 

遺伝性の癌については次の章で詳しくご説明します。

生活習慣による原因が大きい!

家族で同じ癌を患っても遺伝性腫瘍症候群ではない可能性も高いです。遺伝ではないのになぜ、特定の癌が発症しやすくなっているのでしょうか。

 

癌は生活習慣に大きな関わりがあります。家族は似たような生活習慣や考え方になるので、同じ病気になりやすいということも考えられます。例えば食事に原因があった場合、同じような食事をしている家族も同じ癌を発症するというのは珍しいことではないのです。

 

癌の原因について詳しくはこちら:

癌の原因は何?ストレス?遺伝?食べ物も関係している?

 

参照元:SBI損保

遺伝性の癌もある

中には遺伝性の癌もある

 

遺伝性腫瘍症候群の可能性は5%以下だといわれていますが、存在することも事実です。遺伝性腫瘍症候群であるのなら発症する前に対策をしたいですよね。

遺伝が疑われるケース

遺伝性腫瘍症候群の家庭には、3つの特徴があります。

 

  • 家系内に何回も癌になった人がいる
  • 家系内に特定の癌が多く発生している
  • 若くして癌になった人がいる

 

この3つに当てはまるからといって必ずしも遺伝性腫瘍症候群という訳ではありませんが、一つの目安になりますよね。当てはまる方は早めに遺伝子検査をしておくといいかもしれません。

 

遺伝子検査については次の章でご説明します。

遺伝しやすい癌の種類は?

遺伝の可能性がある癌にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

家族性大腸腺腫症(FAP)

原因遺伝子:APC

発症しやすい腫瘍:大腸癌、十二指腸癌、デスモイド腫瘍など

リンチ症候群(HNPSS)※大腸がんの一種

原因遺伝子:MLH1,MSH2,MSH6,PMS2

発症しやすい腫瘍:大腸癌、子宮内膜癌、胃癌、小腸癌、腎盂・尿管癌など

遺伝性乳癌・卵巣癌

原因遺伝子:BRCA1,BRCA2

発症しやすい腫瘍:乳癌、卵巣癌、卵管癌、前立腺癌など

 

他にも、皮膚癌、泌尿器癌、眼の癌などで遺伝性のものが確認されています。

 

参照元:がん研有明病院

遺伝子検査とはどのようなもの?

癌の遺伝子検査について

 

遺伝性腫瘍が疑われる場合、医師に相談してみましょう。場合によっては、原因になる遺伝子の変異があるかどうかを調べる遺伝子検査を行うことが出来ます。遺伝子検査が出来る病院は全国に80カ所以上あります。がん専門病院には「遺伝子相談外来」がある場合もあるので利用してみましょう。

遺伝子検査の方法

遺伝子検査の方法はいくつかあります。

 

3つ目にご紹介した遺伝性の乳癌・卵巣がんの場合、採血もしくは、爪や髪の毛の一部から検査します。1週間から3週間程度で結果が出ます。採決の場合は来院しなくてはいけませんが、爪や髪の毛を使う場合は遠方の医療機関でも送付して検査が可能です。

 

他にも、網羅的な癌遺伝子検査が出来る病院もあります。癌細胞から抽出したDNA、RNAと血液の正常細胞から抽出したDNA、RNAを比較するものです。癌細胞に特異な遺伝子がないかどうか確認します。

 

ただし、癌細胞と正常な細胞を比べるので、すでに癌と診断されている場合しか受けることが出来ません。

検査費用はどのくらい?

遺伝子検査の費用は、保険適用外ですので全額自己負担になります。値段は病院や検査方法によっても異なりますが、30万円前後かかります。

 

気軽に実施できる値段ではないので、まずは病院で相談し本当に必要なのかどうか判断したいですね。

 

参照元:北海道大学病院

マイナビウーマン

まとめ

家族に特定の癌になる人が多い場合「家族性腫瘍」といいます。ですが、家族性腫瘍のすべてが遺伝によるものではありません。同じような生活習慣をしていることで、同じ癌にかかるという可能性もあります。

 

遺伝による癌というのは癌全体の5%ほどです。遺伝によって癌を発症しやすい体質のことを「遺伝性腫瘍症候群」といいます。遺伝性腫瘍症候群で癌を発症している場合、子供に遺伝する確率は50%です。

 

癌が遺伝性によるものなのかは、遺伝子検査調べることも可能です。血液や髪の毛などから遺伝子を検査します。特定の遺伝子だけを調べるものや網羅的なものなどがあります。

 

いずれも自由診療になってしまうので費用は全額自己負担です。病院や検査内容によっても値段は変わりますがだいたい30万円前後かかります。

 

遺伝子検査を行うかどうかは、癌専門病院などで相談して判断しましょう。

 

(補足)

遺伝性でなくても、そうでなくても家族で癌を発症した人がいるのなら、自分の生活習慣も見直してみましょう。

 

  • 食事
  • 運動
  • ストレス

 

などは癌に大きく関わっているといわれています。

 

健康食品のプロポリスには、抗菌殺菌作用があり、免疫力をアップさせるので癌にも効果的だといわれています。実際に癌予防や癌治療に使用している人も多いです。生活習慣の改善の1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

癌とプロポリスの関係について詳しくはこちら:

プロポリスで癌は予防できる?摂取量はどの位?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事