癌の原因は何?ストレス?遺伝?食べ物も関係している?

プロポリスの効果・効能―Power of Propolis―

フラボノイドや桂皮酸誘導体から得られるプロポリスの効果・効能について。プロポリスが持つ力を試してみませんか?

癌の原因は何?ストレス?遺伝?食べ物も関係している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

癌の原因は何?ストレス?遺伝?食べ物も関係している?

 

日本人の2人に1人は一生のうちに発症するといわれている「癌」。命を脅かす病気なので予防をして、発症させないようにしたいですよね。

 

癌の原因が分かれば、ある程度予防することはできると思います。遺伝、ストレス、食べ物などは癌の原因になるのでしょうか?

癌の仕組みと原因

人間の体は約60兆個の細胞からできています。そのうちの1%の細胞が毎日死んでいきます。ですから、細胞分裂をして減った細胞を補います。細胞の設計図通り毎日数千億回コピーするのですが、時々コピーミスを起こします。コピーミスをした細胞は多くの場合死んでしまいますが、遺伝子に突然変異が起こると細胞は死ぬことが出来なくなります。正常な細胞は体の状態に応じて細胞分裂をやめるのですが、異常な細胞はとめどなく繰り返してしまいます。この細胞が「癌細胞」です。

 

癌細胞は健康な人の体の中でも1日に5,000個もできるといわれています。ちょっと怖いですよね。だけど安心してください。癌細胞が出来ると免疫細胞が癌細胞を攻撃し、死滅させてくれます。健康な人の場合はすべての癌細胞を死滅することが出来るのですが、免疫細胞も時々ミスを起こしてしまいます。また、ミスコピーが多すぎると免疫細胞が対応しきれないということもあります。死滅させることのできなかった癌細胞はたった1つでも増え続け、癌を発症してしまうのです。

 

生き残ってしまったがん細胞は1個が2個、2個が4個と倍々式に増えていきます。死なない細胞なので細胞は増え続けます。ですが、検査で分かるほど大きくなるには10年から20年かかるといわれています。

 

癌細胞はどんどん細胞分裂を繰り返し、発症した場所から離れて転移していきます。癌細胞が分裂するには正常な細胞の何倍もの栄養が必要です。ですから、発症した人の体から栄養を奪い取っていきます。また、塊になった癌によって臓器が圧迫を受けたりします。

 

癌のそもそもの原因は

  • 細胞のミスコピー
  • 免疫細胞のミス

ということなんですね。では、この2つが起こる原因は何なのでしょうか。ミスコピーは毎日起こるものですが、異常にミスをしてしまう原因になるものもあります。

 

参照元:東京都福祉保健局

遺伝は関係している?

癌と遺伝の関係性

 

病院で問診表を書くときに「家族で癌になった人はいるか」という質問がありますよね。また、家族や親戚に癌になった人が多いと「癌家系」ということがあります。癌は遺伝の病気なのでしょうか。

 

癌は遺伝子の突然変異ですが、基本的には親から子へと遺伝するものではありません。ですが、中には遺伝するものもあります。

 

家族や親戚の中で特定の癌がよく発生している場合「家族性腫瘍」という可能性があります。ただし、先天性の遺伝子変異というのは癌になる人の中の5%以下と少ないです。家族は生活習慣が似ているので、同じ癌になるという可能性もあります。

 

遺伝について詳しくはこちら:

癌が遺伝する確率は?検査費用はどの位?

 

参照元:SBI損保

生活習慣との関係は?

癌に関わる生活習慣

 

癌の原因を知って予防するためには、生活習慣を見直す必要があります。癌の原因に大きく関わっているものを見ていきましょう。

タバコ

タバコには約4,000種類の化学物質が含まれています。その中にはニトロソ化合物、多環芳香族炭化水素など約60種類の発癌性化学物質が含まれています。

 

タバコが関係するのは肺癌だけ、というイメージがあるかもしれませんが、肺癌だけではありません。胃癌も確実、肝臓癌もほぼ確実に癌のリスクをあげると判定されています。また、大腸癌や乳癌のリスクを上げる可能性もあります。他にも口腔、咽頭、喉頭、食道、すい臓、腎盂、膀胱など影響は全身にわたります。

 

男性の癌の3割はタバコが原因とも言われていて、癌への影響は大きいです。また、肺癌に関しては、本人が喫煙していなくても受動喫煙でも影響があることが分かっています。

 

怖いですね。癌以外の生活習慣病にも関係してきますので、絶対に辞めたほうがいいでしょう。

ストレス

癌の発症にはストレスも大きく関わっていると考えられています。ストレスには精神的なものと肉体的なものがありますが、どちらも影響しています。

精神的ストレス

イライラ、ゆううつなど精神的なストレスは、免疫力の低下につながってしまいます。免疫力が低下すると癌細胞を死滅させられないミスが起こる可能性があります。また、免疫力アップは他の病気の予防にもつながります。

肉体的ストレス

過労、睡眠不足など肉体的なストレスは、活性酸素の増加につながります。活性酸素が老化すると遺伝子を傷つける原因になります。毎日遺伝子の傷によって癌細胞が増えすぎると、免疫細胞が対処できなくなる可能性があります。

 

どちらも癌と関係していると考えられるので、なるべくストレスをため込まないよう、発散法を身につけておきましょう。

食べ物

食事と肥満は癌の原因の30%を占めています。3人に1人は食べ物が原因で癌になっている、聞くとちょっとびっくりですよね。逆にいうと食生活の改善は癌予防になるということですので、しっかり対策していきましょう。

 

  • 野菜や果物をたくさん食べる
  • 塩分を摂りすぎない
  • 肉類を控える(加工肉はなるべく食べない)
  • 玄米や全粒粉など精製されていない穀物を食べる
  • カロリーを摂りすぎない
  • アルコールを摂りすぎない

 

など。栄養バランスに注意して。

 

また、肥満も関係していますので、食事だけでなく運動も取り入れていきましょう。ウォーキングなど簡単な運動で大丈夫です。

 

また、健康食品のプロポリスには抗菌殺菌作用があり、免疫力をアップさせる効果があるといわれています。ストレスを緩和させる効果もありますよ。癌予防や治療に利用している人も多いので食生活の改善の1つとして取り入れてみるのもおすすめです。

 

癌とプロポリスの関係について詳しくはこちら:

プロポリスに含まれるアルテピリンCに期待できる効果とは?癌や認知症の予防にもなる?

 

参照元:国立がん研究センター がん情報サービス

キュアの癒し系ブログ

まとめ

癌は

  • 遺伝子の傷によってできたミスコピー
  • ミスコピーされた遺伝子を免疫細胞が死滅できなかった

ことによって増殖し、発生します。

 

癌の原因は遺伝よりも生活習慣が関係している可能性が高いです。

 

特に

  • タバコ
  • ストレス
  • 食生活

は癌の原因に大きく関わっています。反対に早めに対策しておけば癌の予防になります。癌以外の病気の予防にもなりますので、できることから始めてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
更新記事
よく読まれている記事